内科、健康診断|新宿区早稲田

心電計

 心疾患の診断と治療に役立てるための検査を行います。心臓の電気的な活動の様子をグラフの形で記録します(痛みはありません)。心電図異常は下記のようなものがあります。

 洞性頻脈,洞性徐脈,軸偏位,右脚ブロック,左脚ブロック,房室ブロック, 期外収縮,ブルガダ様心電図,WPW症候群。

心電計・ホルター心電計1

ホルター心電計

 小型の心電計を患者様に携帯していただき、日常生活中の心電図を24時間に渡り連続記録します。不整脈、狭心症の診断、自律神経機能の評価に使われています。
眼底カメラ

 眼底カメラは目の奥の網膜や網膜の血管の状態を調べる装置です。人間の体で、直接血管を観察できるのは、目の網膜だけです。

 目の奥を撮影することにより網膜疾患や緑内障、眼底出血、糖尿病、動脈硬化、高血圧などの診断に役立ちます。撮影時、少しまぶしいですが、痛みはありません。

こんなときに眼底検査を行います。

  1. 網膜など、目の病気の診断をするとき
  2. 頭蓋内の病気の診断をするとき
  3. 動脈硬化の診断をするとき。
  4. 糖尿病による血管の病変の診断をするとき
眼底カメラ2
血球計測器

 血液を調べる装置です。少しの血液サンプルで測定できるので、お子様の検査にも負担が少なくてすみます。計測結果をもとにその場で診療することができ、適切な治療を迅速に行うことができます。

血球計測器はこんなときに役立ちます。

  1. 緊急の血液検査
  2. 感染症・炎症の早期診断
  3. 白血球の詳細な検査
  4. 小児の検査
  5. 血球計数(血液学)とCRP定量(免疫血清学)をひとつのサンプルで診断
血球計測器1
医療生活協同組合 早稲田診療所
〒169-0051
東京都 新宿区西早稲田3-17-23
TEL 03-3203-3330 FAX 03-3203-3320
qr
エレベーターをご利用の方へ
ページのトップへ