内科、健康診断|新宿区早稲田

2010年8月 のアーカイブ

頸動脈エコー(超音波)検査と動脈硬化診断

2010年8月26日 木曜日

 超音波診断装置による頸動脈エコー検査は簡単に、患者さんに負担をかけずに頸動脈(首の動脈)の状態から動脈硬化を画像診断することができます。

 脈硬化は脳卒中などの脳血管疾患に重大な影響を与えます。頸動脈エコー検査ではその動脈硬化の状態を時間の経過で追い、治療、予防に役立てることができます。この検査で動脈硬化は血管壁の厚さ、血液の流れる状態から診断します。

 下の画像は80才の方の血流と血管壁の厚さを示しています。
Aは頸動脈にプローブ(センサー)を直角方向にあてているので、円形に近い形で見えます。
点線で示しているのは血管の壁で肥厚しています。中央にある赤と青の部分は血流です。それぞれ反対方向に流れていることを示しています。血管の中でこのような2種類の色が表示されるときは、血流に乱れがあります。原因は局部的に狭くなっていることがあります。

 Bの青の部分に血流の乱れあることを示しています。原因は血管の内膜が蛇行しているためです。このような状態を定期的に検査することで狭くなっている進行状態を把握し、治療に利用します。

血管が狭くなっています。頸動脈エコーによる動脈硬化診断

血管が狭くなっています。頸動脈エコーによる動脈硬化診断

ページ
アーカイブ
カテゴリー
RSS
医療生活協同組合 早稲田診療所
〒169-0051
東京都 新宿区西早稲田3-17-23
TEL 03-3203-3330 FAX 03-3203-3320
qr
エレベーターをご利用の方へ
ページのトップへ